上高地公式ウェブサイト HOMEへ

上高地のスポット【穂高連峰】

穂高連峰

上高地の風景にはいつも穂高連峰

上高地のあらゆる場所からその姿を望める穂高連峰。穂高連峰を欠いた上高地の風景などとうてい考えられず、穂高連峰があるからこその上高地だともいえます。
北アルプスの最高峰、奥穂高岳(3190メートル)を中心に、前穂高岳(3090メートル)北穂高岳(3100メートル)西穂高岳(2909メートル)などからなり、日本第3位の高峰(奥穂高岳)で、日本百名山、新日本百名山、花の百名山に選定されています。
国内第一級の岩場も多いため、穂高連峰はアルピニストの憧れであり、国内で最も人気の高い名山のひとつとして小説や映画の舞台とされてきました。上高地から見上げる峰はつねに美しく、憧れという名にふさわしい名峰です。

登山で芽生えた友情

嘉門次碑

嘉門次碑

日本近代登山の父、ウォルター・ウェストンが上條嘉門次を案内に、前穂高岳に登頂したのは1893(明治26)年。ふたりの初対面は、悪天候で前穂高岳登行の先を急ぐW・ウェストンと、悪天候であるがゆえにこれを拒む嘉門次の意見がくいちがい、感情的対立があったと伝わります。
しかしその後、ふたりは何度も山行を重ねるなかでお互いの絆を強めていきました。とくにW・ウェストンは、嘉門次の技術と的確な判断を認め、信頼はきわめて深いものになったといいます。彼の著した『日本アルプス登山と探検』のなかで、嘉門次は「ミスターカモンジ」として登場し、世界へその名を発信しました。穂高岳の登山で芽生えた友情はいまも、上高地に広く伝わっています。

穂高連峰への想い━「ただ穂高だけ」

穂高連峰

穂高連峰

「いい年をして、山とは変なものに趣味を持ち出したものですねえと、よく人から言われる。併し、そうした時、大抵私は黙ってにやにやしている。山の魅力というものは、山に登ったことのない者にはとうてい理解して貰えないからである。涸沢小屋から見た穂高連峰の美しさも、上高地から横尾の出合までの樹林地帯の美しさも、それから稜線に辿りついたときの楽しさも、そこへ足を踏み込んだことのない人には判って貰うことはできない。
私はこれからも何回か山へ登るに違いないが、いつも登る山は穂高に限られていることだろうと思う。変な言い方だが、穂高という山に惚れているからである。穂高以外に、どんな美しい山があっても、どうもこの自分には新しい山に登る気持は起きそうもない。他の山へ登ると、どこかに穂高に義理の悪いような気持が残りそうな気がする。私の山は、穂高だけである。ただ穂高だけである。」
(井上靖/『槍、穂高連峰』より)

前のページに戻る スポット全体図を見る

施設の全体地図

ページの先頭へ

上高地公式ウェブスポンサー

© 上高地観光旅館組合 All Rights Reserved.