上高地公式ウェブサイト HOMEへ

みどころ月暦(つきごよみ)9月のポイント

9月のポイント

花々や木々のうつろいに、初秋を感じる上高地。

■刻々と変わる表情を魅せる花、木々、峰の色。

9月上旬の上高地は、夏の名残のある深緑。中旬ころには気温が一気に冷え込み始め、田代池の草紅葉(くさもみじ)が美しい色合いを見せはじめます。
初秋の上高地は平野部での初冬にあたる気温・天候で、早朝の河童橋に初霜の降りるときもあるほど。散策路には秋の花々が咲きほこり、木々は毎日ちがう色合いを魅せてくれます。ひと雨ごとに穂高連峰焼岳など山々は秋色に染まりはじめ、9月下旬にはカラマツが黄金色に染まり始めます。ヤマシャクヤクの実が割れて、赤と黒の芸術を見せるのもこのころ。路傍の花、見上げる木々が毎日うつろう目が離せない上高地の初秋です。

黄金色に染まるカラマツ

黄金色に染まるカラマツ

■涸沢のナナカマド紅葉

涸沢のナナカマドが紅く色付きはじめる9月下旬。すっと尖った葉の色や丸い実が紅に染まるようすは実に美しく、秋深い山と青空の風景を愛する多くの登山客が訪れるのもこの頃です。涸沢までの道のりは、横尾から片道約3時間。安全な山荘を頼りに、今秋は山のぼりをはじめてみませんか。
上高地には紅葉(こうよう)は比較的少なく、梓川沿いのカラマツや、徳沢のハルニレやカツラなどは黄色に染まる黄葉(こうよう)です。上高地の秋色は黄金色が主役。この時期から10月下旬まで、黄葉は毎日深みを増し、目にも楽しい季節と移り変わっていきます。

涸沢のナナカマド

涸沢のナナカマド

ページの先頭へ

上高地公式ウェブスポンサー

© 上高地観光旅館組合 All Rights Reserved.