上高地に泊まる

Hotels & Lodging

坂巻温泉旅館

梓川渓谷沿いに、
ひっそりと佇む素朴な温泉宿

JAPAN ALPS KAMIKOCHI Official website

レトロな雰囲気で、心がなごむ。

中部山岳国立公園・上高地の入り口、釜トンネルと沢渡との中間あたりに位置する坂巻温泉旅館は、梓川渓谷沿いに佇む一軒宿。

上高地が国の名勝・天然記念物に指定された昭和3年(1928)坂巻温泉は開業した。その後、上高地一帯が中部山岳国立公園に指定され、上高地に通じるバス路線も整備されていく。本格的な観光地へと歩み出していく頃と時期を同じくして坂巻温泉旅館も歩んできた。
(*上高地はその後、昭和27年に特別名勝・特別天然記念物に指定されている)

創業時、坂巻温泉旅館は旧道に面した梓川の対岸にあって、宿の前には吊り橋が架けられていたが、国道158号の整備に伴い、昭和59年(1984)現地に新築移転した。

館内は、柱や天井の梁、階段の手すりからも木の温もりが伝わってきて、純和風のレトロな雰囲気で心穏やかな気分になる。

谷あいの四季を楽しみながら、ゆっくりとくつろげる秘湯。

周りを山に囲まれた谷あいに位置しているため、焼岳や霞沢岳など山全体の姿は見られないが、山腹の木々の新緑や夏の緑は眩しいほど、秋になれば緑に混じった赤や黄色が鮮やかで、四季折々の景観を楽しむことができる。

そんな美しい谷あいの四季を愛でながら、ゆっくりとくつろげる源泉かけ流しの温泉は、ほんのり硫黄の香りが漂って疲れた体をほぐしてくれる。全国160余りの温泉宿が加盟する日本秘湯を守る会の会員宿で、「子宝の湯」としても知られ、胃腸病・婦人病などに効果的と言われている。
改修したばかりの内湯とともに露天風呂は外来入浴が可能。

梓川溪谷の紅葉は感動もの。

創業90余年、4代目社長の上松明弘さん。
「例年ですと10月20日前後が紅葉のピークになりますね。もみじの赤が鮮やかです。露天風呂からの眺めは最高ですよ。」
「もちろん河童橋や穂高連峰も素晴らしい景色だし、大正池もね。天気が良くなくても霧や靄の風景が幻想的で好きですね。」

ここは釜トンネルの手前なので、マイカー規制もなく冬季閉鎖もないため通年営業している。坂巻温泉に宿を取れば、ここに車を置いて旅館前のバス停から上高地に向かうことができるので、登山や観光の起点として便利な場所だ。
帰りには温泉が待っている!

INFORMATION

坂巻温泉旅館

■ 宿 泊

客室数/10室(和室10)
チェックイン/ 15:00
チェックアウト/10:00
宿泊料金/12,500円~
(大人1名1泊2食付き・税サ込)

■ 食 事

不可

■ 喫 茶

不可

■ 売店・お土産

-

■ 外来入浴

露天9:00~16:00
内湯11:00~16:00
入浴料金/大人600円・
子ども(小学生以下)300円(いずれも税込)

お問い合わせ
〒390-1516 長野県松本市安曇上高地
TEL 0263-95-2453(通年)
FAX 0263-95-2556
ホームページ http://sakamaki.yumori.jp/

合わせて読みたい | RELATED CONTENTS

「子宝の湯」としても知られる日本の秘湯


外来入浴|坂巻温泉旅館
上高地に泊まる 一覧へ