上高地を楽しむ

Enjoy & Explore

囲炉裏の炭火でじっくり焼かれた絶品、岩魚の塩焼き

お食事・喫茶|嘉門次小屋

JAPAN ALPS KAMIKOCHI Official website

〝頭から丸ごと食べられる〟おいしさのヒ・ミ・ツ

嘉門次小屋は、明治13年(1880)ウォルター・ウェストンの登山案内人として有名な上條嘉門次が32歳の時に明神池のほとりに小屋を建てたのが始まり。自然のなかに溶け込み、風情のある趣で明神池・穂髙神社奥宮の参道わきに佇んでいます。ここは何といっても、岩魚の塩焼きが有名です。

小屋の前を流れる清流の中に設置した生け簀から直前にすくったイワナを、囲炉裏の炭火で時間をかけて、一本一本ていねいに焼いていきます。炭火でじっくりと焼かれたイワナは、遠赤外線効果で中までしっかり火が通るので、たいへん香ばしく頭から尻尾まで余すところなく食べられます。これが嘉門次小屋名物「岩魚の塩焼き」の美味しさの秘密です。

メニューの一例(金額は税込)



  • 岩魚の塩焼き 1,000円

  • 岩魚の塩焼き定食 1,600円

  • 嘉門次そば(岩魚の甘露煮入り)1,600円

  • おそば各種 600円~

  • おでん 600円

名物「岩魚の骨酒」もあります。
3日ほど囲炉裏の煙で燻した岩魚にお燗した清酒・嘉門次を注ぎます。
すっきりとした清酒に滲みわたる岩魚の深い風味を是非ご賞味ください。



  • お酒好きの方には、たまらない逸品です。(2合2,000円・税込)

INFORMATION

嘉門次小屋|食事・喫茶

■ 営業期間

4月下旬~11月中旬

■ 営業時間

食 事/8:30~16:30

お問い合わせ
〒390-1516 長野県松本市安曇上高地
TEL 0263-95-2418
(*冬期 0263-33-8434)
FAX 0263-95-2418

合わせて読みたい | RELATED CONTENTS

W.ウェストンの山案内人…上條嘉門次


上高地に泊まる|嘉門次小屋

心に残る、嘉門次小屋ならではの素朴なお土産


売店・お土産|嘉門次小屋

神々しいばかりの自然の造形美


スポット紹介|明神池

荘厳なムード漂うパワースポット「神降地」


パブリック施設|穂髙神社奥宮
お食事・喫茶 一覧へ
上高地を楽しむ 一覧へ