上高地に泊まる

Hotels & Lodging

嘉門次小屋

W.ウェストンの山案内人…
上條嘉門次

JAPAN ALPS KAMIKOCHI Official website

ガイドウォークの先駆者。

上條嘉門次。上高地を語るうえで、あまりにも有名な人物である。
日本近代登山の父、ウォルター・ウェストンの山案内人として知られている。

江戸時代、梓川流域の村人たちは松本藩の御用林伐採のため上高地に入り、梓川の水を利用して木材を松本まで搬出する仕事をしていた。明治になると、国有林の伐採が禁止となったが、役人の見回りや測量の際、上高地に住んでいて地形を熟知していた嘉門次が案内役を担っていたという。
明治中期になって、政府が招いた外国人がスポーツとしての登山をするために上高地に来るようになった。明治26年(1893)イギリス人宣教師ウォルター・ウェストンの登山案内をつとめ、3年後に出版された「日本アルプスの登山と探検」のなかで、抜群の案内人として紹介されると一躍有名となり、その後外国人登山者やその他の入山者から案内役に〝ご指名〟されていたのである。

一方、W.ウェストンは日本アルプス・上高地を世界に広く紹介し登山の楽しみを伝えた功績を称えられ、氏を偲ぶ「上高地ウェストン祭」が、徳本峠越えの記念山行とともに毎年6月の第1土・日曜日に開催されている。

詳しくは、多数の文献やホームページに記載されているので、嘉門次やW.ウェストンについて深く知りたい方はぜひご覧あれ。

昨今上高地では、より楽しくより深く上高地を知り、体験していただくために、さまざまなコースのガイドウォークやガイドツアーが開催されているが、嘉門次はまさにその先駆者、そして現代に例えるなら超人気のツアーコンダクターだったのではないだろうか…。

囲炉裏がラウンジになる。

嘉門次小屋は、明治13年(1880)嘉門次が32歳の時に明神池のほとりに小屋を建てたのが始まり。自然のなかに溶け込み、風情のある趣で明神池・穂高神社奥宮の参道わきに佇んでいる。

「もともとは猟小屋なものですから、お客様をお迎えするために建てたわけではありません。昔ながらの山小屋ですが、この囲炉裏がラウンジになってお客様同士和気あいあいと談笑なさっていらっしゃいます。」と、4代目主人の奥様・上條久枝さん。
当時の面影を残す囲炉裏には、嘉門次が愛用した猟銃と共に、友情の記念としてW.ウェストンが贈ったピッケルが飾られている。

囲炉裏で焼かれたイワナは絶品。

炭火でじっくり焼かれたイワナの塩焼きは、遠赤外線効果で中までしっかり火が通るので、たいへん香ばしく頭から尻尾まで余すところなく食べられる。上條嘉門次が生き生きと上高地を駆け回っていた頃に思いを馳せ、悠久の時を感じながら食したい逸品である。

INFORMATION

嘉門次小屋

■ 宿 泊

本年度は宿泊営業を行っておりませんのでご了承ください。

■ 食 事

8:30~16:30

■ 売店・お土産

8:30~17:30

■ 外来入浴

不可

お問い合わせ
〒390-1516 長野県松本市安曇上高地
TEL 0263-95-2418
(※冬期 0263-33-8434)
FAX 0263-95-2418

合わせて読みたい | RELATED CONTENTS

囲炉裏の炭火でじっくり焼かれた絶品、岩魚の塩焼き


お食事・喫茶|嘉門次小屋

心に残る、嘉門次小屋ならではの素朴なお土産


売店・お土産|嘉門次小屋

神々しいばかりの自然の造形美


スポット紹介|明神池

荘厳なムード漂うパワースポット「神降地」


パブリック施設|穂髙神社奥宮
JAPAN ALPS KAMIKOCHI website Official partner
【広告】
上高地に泊まる 一覧へ