上高地に泊まる

Hotels & Lodging

大正池ホテル

ようこそ、上高地へ。
まずは大正池がお出迎え

JAPAN ALPS KAMIKOCHI Official website

上高地の玄関であり、上高地散策の出発点。

釜トンネルを抜け、生い茂った木立の中をくぐり抜けると程なく視界が開け、穂高連峰全景が姿を現す。そして左手には焼岳が見える。焼岳は大正4年(1915)に噴火。噴出した熔岩や泥流によって梓川が堰き止められてできたのが大正池だ。 当時は広大な面積だったことから、「梓湖」と言われていたようだ。

池のほとりに位置する大正池ホテルは昭和28年(1953)に創業、約70年にわたり大正池と穂高連峰、そして焼岳を見守り続けている。 沢渡からのシャトルバスや観光バスで訪れる人々の多くは大正池ホテル前で下車。ここから河童橋を目指し遊歩道を歩いていく。かつては島々谷から徳本峠を経て明神につながるルートが上高地への道筋であったが、バス路線が開通して以降、ここが言わば上高地の玄関であり、上高地散策の出発点のひとつにもなっている。

上高地に泊まる。シャッターチャンス というご褒美。

「当初は、田代橋のあたりまで池になっていたようです。100年以上経った現在では1/4くらいに小さくなって、立ち枯れの木々もだいぶ減っています。」 そう話してくれたのは大正池ホテル専務の田川正樹さん。「ここからの景色は絶好の撮影ポイントですね。夏は朝もやが幻想的だし、雨上がりもなかなかいい表情ですよ。朝5時から7時くらいが狙い目ですね。」シャッターチャンスを見逃さないためには、どうやら上高地に泊まって早起きするのがいいようだ。

上高地に泊まるもう一つの楽しみが星空である。夜ともなれば懐中電灯無しでの外出は困難なほど上高地は漆黒の闇に包まれる。つまりは星空観察に絶好の条件が整っているということ。まさに満天の星は圧巻、感動ものである。〝星降るホテル〟と銘打った大正池ホテルでは、池のほとりで寝そべって星空を見るのに便利なベンチを貸し出していたり、星空観察会もおこなったりしている。

心も体もゆっくりできる自然体の宿。

上高地内を散策しているとアジア系の団体客に交じって、最近はヨーロッパ系の個人客が目立つようになってきた。「SNSで上高地の素晴らしい景色が共有されて興味を持つ人達が増えたからでしょうか。特にヨーロッパあたりからのお客様は連泊が多いですね。近場の散策だけでなく、トレッキングや登山も楽しめるところが魅力のようです。」

「食事もできるだけ信州産の地元食材を使って、気取らずにアットホームな雰囲気を大切に提供しています。」 大正池と穂高連峰を一望できるレストランからの眺めもさることながら、そう話す田川専務の素朴な人柄が、訪れる人々の心を和ませてくれるどこかホッとするホテルである。

INFORMATION

大正池ホテル

■ 宿 泊

客室数/27室(洋室21・和室6)
チェックイン/15:00
チェックアウト/10:00
宿泊料金/15,120 円〜(大人1名1泊2食付き・税サ込)

■ 食 事

レイクビュー/7:00〜15:30(LO)

■ 喫 茶

レイクビュー/7:00〜15:30(LO)

■ 売店・お土産

7:00〜19:30 *季節により時間変更あり

■ 外来入浴

不可

お問い合わせ
〒390-1516 長野県松本市安曇上高地
TEL 0263-95-2301 
(※冬期 0263-33-7400)
FAX 0263-95-2522
ホームページ 
http://www.taisyoike.co.jp/

合わせて読みたい | RELATED CONTENTS

上高地散策の行き帰りに、ちょっと一休み


お食事・喫茶|大正池ホテル

大正池の畔、散策の出発点にある便利な売店


売店・お土産|大正池ホテル

幻想の旋律奏でるシンフォニア


スポット紹介|大正池

色彩豊かな名峰、大地の息づかいが聞えるトロイデ


スポット紹介|焼岳
JAPAN ALPS KAMIKOCHI website Official partner
【広告】
上高地に泊まる 一覧へ