上高地に泊まる

Hotels & Lodging

上高地帝国ホテル

日本初・本格山岳リゾートホテル、
開業以来変わらないおもてなしの心

JAPAN ALPS KAMIKOCHI Official website

スイス・アルプスの山小屋を思わせる赤い三角屋根と、丸太小屋風の外観。

帝国ホテル前でバスを降り、緩やかなスロープを下ると、ひっそりとした木立の中に佇む赤い三角屋根が見える。屋根越しには雄大な穂高連峰の姿が。春先は、残雪をバックに新緑の中の赤がひときわ鮮やかだ。
上高地帝国ホテルは、日本初の本格的山岳リゾートホテルとして昭和8年(1933)開業。現在の建物は、昭和52年(1977)に建て替えられたものだが、スイス・アルプスの山小屋を思わせる赤い三角屋根と、丸太小屋風の外観は創業当時の趣そのままに、今なお変わらないおもてなしの心でお客様をお迎えしている。

上高地帝国ホテルのシンボル、マントルピースがお出迎え。

館内ロビーは上高地の大自然と調和した木の温もりを大切にした空間で、中央に設けられたホテルのシンボルとも言えるマントルピースは、ここで過ごす優雅なひとときを演出している。夏場以外の毎日、夕方17:00からベルマンによる火入れ式が行われる。
ディナーの後はマントルピースを囲んで、コーヒーやカクテルと共に静かな山の夜を満喫できる。

宿泊以外にも昼はロビーのカフェや、レストランのランチタイムに利用できる。上高地オリジナルケーキや上高地の湧水で淹れたコーヒー、帝国ホテル伝統の味に、地元の素材を取り入れた料理。散策の途中で気軽に立ち寄りたい。

客室は、穂高連峰の雄大な景色を楽しめるベランダ付きの部屋、屋根の傾斜をそのまま天井のデザインに生かした山小屋風の部屋など、多彩なタイプが用意されている。どの部屋も木の温もりを感じる落ち着いた雰囲気で、上高地の休日をゆっくりとくつろぐには申し分ない。

どなたでも気兼ねなくご利用を。

平成29年(2017)から総支配人として赴任している佐藤和幸さん。
「四季それぞれに魅力のある上高地ですが、5月の下旬から6月にかけての新緑の頃が特に好きです。館内にいても、お客様からBGMでは?と間違えられるほど、鳥のさえずりが聞こえてくるのが驚きでした。」

例えば結婚記念などの記念日旅行で訪れる若い方から90代の常連のお客様まで、幅広い年齢層のお客様をお迎えしているという上高地帝国ホテル。
「山のリゾートホテルですから、お客様との距離感が近いと感じています。」

帝国ホテルと聞くとちょっと身構えてしまう感じだが、一歩踏み入れればそこは、開業以来変わらないおもてなしの心があふれる空間なのである。

INFORMATION

上高地帝国ホテル

■ 宿 泊

客室数/74室(洋室74)
チェックイン/14:00
チェックアウト/11:00
宿泊料金/34,452円~
(1室1泊・税サ込・食事別)

■ 食 事

カジュアルレストラン「アルペンローゼ」/11:00~14:30
日本料理「あずさ庵」/11:30~14:00

■ 喫 茶

カフェ「グリンデルワルト」/8:00~17:00

■ 売店・お土産

ギフトショップ 8:00~20:00

■ 外来入浴

不可

お問い合わせ
〒390-1516 長野県松本市安曇上高地
TEL 0263-95-2001
(*冬季 03-3592-8001)
FAX 0263-95-2412

合わせて読みたい | RELATED CONTENTS

日本初・本格山岳リゾートホテル、伝統の味を堪能


お食事・喫茶|上高地帝国ホテル

旅の思い出にふさわしいホテルオリジナルの逸品


売店・お土産|上高地帝国ホテル

隠された穏やかな池と湿原


スポット紹介|田代池・田代湿原

心安らぐ恰好の休憩エリア


スポット紹介|穂高橋・田代橋
JAPAN ALPS KAMIKOCHI website Official partner
【広告】
上高地に泊まる 一覧へ