上高地を知る

Learn & Discover

上高地について

日本屈指の山岳景勝地 上高地

JAPAN ALPS KAMIKOCHI Official website

上高地を世界に称賛した登山の先蹤者たち。

上高地の歴史を語るとき、耳にする2人の名前、ウォルター・ウェストンと上條嘉門次。
日本にやってきた英国人宣教師、W・ウェストンは1896(明治29)年に著した『日本アルプス登山と探検』の中で、自らが登った上高地と穂高連峰、槍ヶ岳を広く世界へ称賛しました。 それまで日本の登山とは、「信仰・修行としての山登り」であり、「狩猟など生活のため」の山行きでありました。その登山をレジャーとして広く知らしめ、上高地を有名にした彼の功績は「日本近代登山の父」として今日でも広く称えられています。 その際、W・ウェストンの山行きを案内したのが地元安曇村生まれの猟師・上條嘉門次。嘉門次の名は、W・ウェストンの著書の中にも“ミスター・カモンジ”と記されています。

2人の歴史からさかのぼること60余年前、上高地周辺の山に最初に登ったのは、槍ヶ岳に登った富山の僧侶・播隆(ばんりゅう)上人。当時は山岳信仰の登山であって、いわゆる近代登山とは性格を異にするものです。 播隆は信者を引き連れ幾度となく槍ヶ岳に登ったと伝わります。明治になって近代化を進めるために、明治政府は多くの外国人技師を雇いました。その中で、英国冶金技師ウィリアム・ガウランドが1877(明治10)年7月に槍ヶ岳に登り、その記録を雑誌で紹介し、その中で「Japan alps」という表現を用いたのが、今日の〈日本アルプス〉の語源になりました。 日本人登山家としては鵜殿正雄が初めて前穂高岳に嘉門次と一緒に登ったのが始まりでした。
1916(大正5)年、のちの首相・東久邇宮殿下が槍ヶ岳に登山するにあたり、島々~徳本峠、明神~槍ヶ岳の登山道が整備されました。このころから徐々に広く大衆登山へと山は開かれ、上高地は観光地として知られていきました。

梓川の辺り、霞沢岳、六百山を望む巨岩に作られた、イギリス人宣教師ウォルター・ウエストンのレリーフ
世界に知られる名案内人 上條嘉門次(嘉門次小屋提供)
明神池の入り口に立つ嘉門次の碑

山岳リゾートとしての上高地発展の軌跡。

現在では年間120万人もの人々が訪れる山岳景勝地・上高地。
手付かずの自然が多く残る、大自然の宝庫と呼ばれる由縁はまた、「リゾート観光地」としての歴史が浅いためでしょうか。一般観光客が多くこの地を楽しむようになったのは昭和年代に入ってからです。

明治以前、上高地に出入りしていたのは、樹木の伐採のための木こりがほとんどでした。明治になり、地元島々の上條百次良は許可を得て夏の間だけ、松本周辺で集めた牛や馬を、徳本峠を超えて、上高地で放牧を始めました。 いわゆる上高地牧場の始まりです。場所は、小梨平、明神、徳沢の3箇所、特に徳沢は徳沢牧場とも呼ばれていて、残雪の山々を背景にした牛や馬の放牧は、古きよき時代の牧歌的な光景の一部として、訪れる登山者に親しまれました。

大正4年6月には焼岳が大爆発を起こし、流れ出た土石流が梓川をせき止め、そこにできた池は大正池と命名され上高地の風景のひとつに加わりました。
1927(昭和2)年は上高地にとって重要な年となります。文豪 芥川龍之介が何度となく訪れた上高地・河童橋を題材に、小説『河童』を発表。7月には鉄道省(現在のJR)が後援し東京と大阪の新聞社が主催した「日本八景」の渓谷の部に於いて、上高地が第一に推されました。
同年、昭和天皇の実弟秩父宮殿下が上高地から奥穂高岳に登り槍ヶ岳への縦走が行われ、連日新聞の話題となりました。さらに理学博士中井猛之進は、国立公園選定の準備調査の中で、上高地の河原で日本で初めてケショウヤナギを発見した年でもありました。
その後国の名勝および天然記念物に指定され、それまで山小屋や温泉宿もまばらであった上高地に、初の山岳リゾートホテル(現・上高地帝国ホテル)が開業しました。釜トンネルを通り大正池まで資材を運び、そこから建築現場まではまだ道路が開通していなかったために、大正池を小船で運んでホテルを建設したそうです。

1940(昭和10.20)年代に入ると山岳ブームはますます加熱し、観光客は増加の一路をたどり、県道は整備されてバスやマイカーの乗り入れも頻繁となりました。しかし反面、自然への影響は深刻な問題となったのです。
そこで1975(昭和50)年、県道上高地公園線のマイカー規制を開始。クルマによる排気ガスの影響を最小限にとどめることで、多くの動植物の営みや、空気や水の美しさが保たれています。多くの方の理解を得て、上高地は今日も変わらぬおもてなしで旅人を迎えます。

紅葉に染まる焼岳と大正池
現在の河童橋
開業当時の上高地帝国ホテル

次代へ、子供たちへ残したい風景・上高地。

上高地ならではの、上高地でしか見ることのできない風景━。上高地の自然保護意識は、すでに100余年前に根付いていたものでした。
上 高地で最初に自然保護の動きがあったのは、1909(明治42)年のことです。すでに高山植物の採取を禁止・保護するようになり、また保護の一方で上高地バスターミナルと小梨平周辺では、1915(大正4)年から約10年かけてカラマツの植栽をしています。
雷鳥、カモシカ、イワナは次々に捕獲が禁止され天然記念物に指定。上高地一帯も天然記念物や国立公園に指定されました。上高地の地元住民の多くが、1963(昭和38)年から「上高地を美しくする会」を発足させ、ゴミのない美しい上高地を目指して、日々道路周辺のゴミ拾い活動を行います。
上高地の自然を次代へ。大自然というかけがえのない、代替のないものを子どもたちへ継承していくこと。それは私たち一人ひとりの使命です。訪れる方一人ひとりの愛情で、上高地を守っていきましょう。

岳沢湿原

日本でも希有、ふたつの称号をもつ上高地。

上高地はその美しい景観から、「特別名勝」と「特別天然記念物」ふたつの称号を与えられた日本の貴重な宝です。
現在は国内で二ヶ所、黒部峡谷と上高地のみ認定されています(2019年現在)。

[特別名勝]

特別名勝とは、日本国が文化財保護法で指定した名勝(景色の良い地)のうち、特に価値の高いものとして認められたものであり、国宝と同格として承認された地です。名勝地、景勝地とも呼ばれ、国内には宮城の松島、金沢兼六園、京都の天橋立など、全35件が指定されています。

[特別天然記念物]

特別天然記念物とは、天然記念物(日本にとって価値の高い自然物)のなかでも世界的、国家的に貴重なものとして指定されたものです。上高地は「天然保護区域」とも呼ばれ、北海道の大雪山などと並び大切に守り続けねばならない4地のひとつでもあります。 その他、特別天然記念物には、
【動物】トキやコウノトリなど21件
【植物】屋久島スギ原生林など30件
【地質・鉱物】松本市・白骨温泉の墳湯丘など
20件が指定され、保護には国を挙げての徹底が図られています。

上高地略年表

文政11年(1828年) 7月20日播隆槍ヶ岳に登る 仏像を安置する
明治10年(1877年) 7月28日ウィリアム・ガウランド槍ヶ岳に登る
明治18年(1885年) 5月   上高地牧場放牧始まる
明治25年(1892年) 8月12日ウォルター・ウェストン槍ヶ岳に登る
明治26年(1893年) 8月25日ウェストン 嘉門次を案内に前穂高岳に登る
明治38年(1893年) 9月12日鵜殿正雄日本人登山家として前穂高岳に初めて登る
明治40年(1907年) 2月 8日焼岳大爆発
明治42年(1909年) 8月16日高山植物の採取禁止となる
明治43年(1910年)     河童橋初代つり橋架設される
大正 4年(1915年) 春現在のバスターミナル周辺にカラマツ植栽を始める
大正 4年(1915年) 6月 6日焼岳大噴火により大正池出現
大正 5年(1926年) 2月   山林局上高地一帯を保護林に指定 以後伐採禁止される
大正 5年(1916年) 8月12日東久邇宮稔彦殿下槍ヶ岳に登る
大正 9年(1920年) 秋    小林喜作 喜作新道を開通させる
大正12年(1923年) 3月 7日雷鳥が国の天然記念物に指定される
昭和 2年(1927年) 3月 1日芥川龍之介小説『河童』を発表する
昭和 2年(1927年) 7月 6日「日本新八景」に上高地が『渓谷の部』で選ばれる
昭和 2年(1927年) 7月24日芥川龍之介自殺する
昭和 2年(1927年) 8月   秩父宮殿下奥穂高岳槍ヶ岳縦走登山する
昭和 2年(1927年)      理学博士中井猛之進 上高地でケショウヤナギ発見する
昭和 3年(1928年) 3月24日上高地が国の名勝および天然記念物に指定される
昭和 5年(1930年)      河童橋架け替え(つり橋2代目)
昭和 6年(1931年) 4月 1日国立公園法が公布される
昭和 8年(1933年)10月 8日上高地ホテル(現在の上高地帝国ホテル)が開業する
昭和 9年(1934年) 5月 1日カモシカが天然記念物に指定される以後狩猟禁止となる
昭和 9年(1934年)12月 4日上高地一帯が中部山岳国立公園に指定される
昭和 9年(1934年)      上高地牧場終わる
昭和10年(1935年) 7月   河童橋までバス乗り入れる
昭和22年(1947年) 6月14日第1回ウェストン祭行われる
昭和27年(1952年) 3月29日上高地が国の特別名勝特別天然記念物に指定される
昭和30年(1955年) 2月15日カモシカと雷鳥が国の特別天然記念物に指定される
昭和32年(1957年)      河童橋架け替え(つり橋3代目)
昭和40年(1965年)      上高地バスターミナル竣工
昭和42年(1967年) 4月27日第1回上高地開山祭が開催される
昭和50年(1975年) 1月 1日上高地の梓川での釣りが禁止となる
昭和50年(1975年)      河童橋架け替え(つり橋4代目)
昭和50年(1975年) 4月   県道上高地公園線のマイカー規制始まる
平成 9年(1997年)      河童橋架け替え(つり橋5代目)
平成 9年(1997年)12月 6日安房トンネル開通する
平成15年(2003年)      上高地インフォメーションセンターが開所
平成16年(2004年) 7月24日観光バス規制始まる
平成17年(2005年) 4月 1日安曇村と松本市が合併、松本市上高地となる
平成17年(2005年) 7月 2日新釜トンネル開通する
平成22年(2010年)      河童橋が「つり橋」となって100年を迎える
平成28年(2016年) 7月19日上高地トンネル開通する
平成28年(2016年) 8月11日第1回「山の日」記念全国大会が上高地で開催される
平成29年(2017年) 7月30日第1回「山の日」記念全国大会の記念碑建立・除幕式が行われる
平成30年(2018年) 4月27日第50回上高地開山祭が開催される
上高地を知る 一覧へ